無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

なんで。
なんで。



なんでやねん。




やっぱり俺だけやねんな。




こんな風に思いを寄せてるのは。




俺はあの場から立ち去った。




ずっとずっと俺とコンビ組んでくれてたやん?




なんで、神影なん?




あんなハイスペックデブ何がええねん←




いっぱい動けて、いっぱい食べるのがええんか?




俺、なんか間違ってたんかな…




ダメなことしたんかな。




なんで急に…。





なあ、、




濵千代は俺のこと嫌いなん。




俺はずっと好きやったのに。




なんて言っても天然でアホなお前は、

何言ってるんって誤魔化されて、


終わりやねんな。



もう分かってる。



だって、あの時も_。