無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

俺、頑張る。



いけるかな、俺。



こんなに多いと思ってなかったわ。



でも、実際は俺の方が背ぇ高いしいける。←




俺、頑張る。




パクッ!
重影
うま!これいけるわ。
モグモグ…
重影
うまいうまい。


___15分後。
重影
やば、キツくなってきた…。
____30分後
重影
まだ!まだまだや…!
パクッパクッ…。


___1時間後。
重影
もぉ、無理やってぇ…。
お皿の上にはまだ半分以上の団子が残っている。


お持ち帰り用のパックを貰って帰ることに。




てか、団子100本ってだいぶ高い。


あいつ金持ちか。はぁ…。



どうやったらあの団子、腹におさまんの?



やっぱり、医者に見てもらえや…←



プクッと膨らんだ腹をさすりながら店を出た。

重影
神影みたいに
バク転ぐらいできるようにしたいな。
俺は最近、ずっと行ってなかった

稽古場に行くことにした。