無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

悪あがき。

いっそ嫌われてしまった方がええかもしれへん。





絶対に好きになってくれへんねんから。





そんなんやったら、中途半端な今より、


本気で嫌われて忘れられてしまった方が、、



吹っ切れるかもしらん。





でも、最後の悪あがきぐらいはさせて。






まあこれも嫌われる覚悟やけどな。





俺はある場所に向かった。