無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

理解し、ようやく解決?
重影side


神影
そうゆーことやったん…?
藤千代
ちょっとやりすぎな気もするけど、



とりあえず、ふたりを説得させた。



殿様
ホンマにすまんのぉ。
藤千代
大丈夫です。
殿様
…ん?
殿様が藤千代に近づく。




藤千代
な、なんですか…?
殿様
お主、名はなんと申す?
藤千代
…えと、藤千代です。
殿様
藤千代…、もしかして…!?



殿様は部屋を出ていってしまった。



重影
な、なんやろ…
藤千代
うん…?


よく分からないけど、待つことに。





しばくして、襖が開く音がしてふと顔を上げた。





殿様の代わりに部屋に入って来たのは知らない男。




藤千代
…っ!?




言葉を失う藤千代。



藤千代
ろぼ影…っ?