無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

まだ、なにか。
重影side



パチパチパチ))






拍手をしながら近づいてくる殿様。








重影
っ!?なんや、まだなんかあるんか!?




濵千代の前に立ち、再び対戦体制に入る。







殿様
…、これでこの世も安泰か。
重影
はぁ?
殿様
重影に濵千代。
このコンビはこの世を救うのじゃ。
殿様
この世で1番強い忍。
それはお前達ふたりじゃ。
濵千代
え、?
殿様
悪かった。
殿様
ただ、お前達の仲を戻すために、
濵千代を拘束させて貰った。







は、どうゆうこと?






でも、それがほんまなら。





重影
っ、お前最低やな、
殿様
ホンマに悪かった。
他にも手があったはずや。




ふざけんな、





ふざけんなや。




濵千代
いえ、ありがとうございます。
重影
…、濵千代?
濵千代
重影がどれだけ大事な人か、
気づけたのは殿のおかげでございます。





、そう言えばそうや。






俺も、殿のおかげで大切なことに気づけた。




重影
…俺も、濵千代のこと諦めずに済んだ。








.









神影
濵千代!
藤千代
重影!



ことが終わり、ようやくやってきたふたり。





何も理解できない2人の頭の上にははてなマーク。