無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ある場所。
店員
いらっしゃいませ~。
ある場所とは__。



もう分かるだろう。




よし。俺、頑張る。

重影
団子、100本ください。
店員
はい。お団子が100本…。え…。
めっちゃヒビってるわ。



いつもなら、緑色が来るもんな~。



それもいっぱい食べそうな…w



今日は赤色の奴が来てるもんな~。



うん。いつもと違う人やで。



そんなに目ぇ見開かんでも大丈夫や。


君の目は正常や。



医者には見てもらわんでも大丈夫やで。←
店員
お待たせ致しました。団子100本です。
ドサッ。



やべ。


間近で見ると、迫力すごい。



神影、身体ん中どーなってんの?




神影こそ、医者行った方がええ。←