プリ小説

第28話

涙と決意
重影side


藤千代がつらそうにしてたのは知ってたけど、

ろぼ影も同じような目に遭ってたんや…。




てか、

桐影がろぼのこと知ってんのは初めて聞いたけど、、



中影のごちそうさまの合図で食事が終わった。



重影
藤千代。
藤千代
ん?
重影
しんどい?
藤千代
…え?ううん!大丈夫っ!


目は笑ってない。



ムニッ!
藤千代
ふぁっ!?
藤千代のほっぺを摘む。


重影
無理して笑わんでもええし。
そう言うと藤千代からすっと笑顔が消えた。

藤千代
…うぅ



ポロポロと落ちる綺麗な水滴。






ぎゅっ)


重影
…なっ!?
藤千代
ごめ、っ…!
藤千代
泣かせたのは重影やで。責任取ってっ。
重影
まぁ、せやけど、
藤千代
今だけでええからっ、お願いっ…。


俺の胸に顔を押し付け、声を殺して泣く藤千代。




藤千代の為にも強くなりたい。



やっぱり、コンビを組む上で守れるように。




もし、ろぼ影が帰ってきた時、



ろぼ影の元に帰る時。




傷ひとつない状態で彼に返したいから。







そして何より、濵千代の為にも。




早く。




藤千代
ん、もぉええよ。




そう言って上げた顔はまだ涙でぐちゃぐちゃで。


まだ少し流れている涙を拭ってやった。



重影
今日はやめる?稽古。
藤千代
いや、やる。
藤千代
早く望に会えるように頑張りたいから。


君も本気やから。


俺やって本気でやらな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

糸月
糸月
“糸月”と書いて、“しるる”と読む。 気付けばお気に入り400人越え😮⁉️ …ありがとうございます🙏💕 緑濃いめの虹色ジャス民です🌈💚 最近、藤井さんが可愛過ぎて。🐹 どうしようかと頭を抱えております🤦‍♀️🤦‍♀️ ▼△▼△▼△▼ ただの自己満です。 良かったら読んでってくださいね☺ JWで妄想を主に書いてます…🌈 学生のため更新不定期。 キャラ崩壊。 また、エセ関西弁、作者の方言注意。⚠ 誤字脱字などはご指摘お願いします…🙏💦 通知が来るとついでに書いたりするので、 応援、お気に入り大歓迎🤗🤗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る