無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

384
2020/12/09

第16話

同棲開始⑤
病院に着いてどれくらい経ったのだろう。

みんな一言も話さず将人が出てくるのを待っていると手術中と書いてあるランプが消え、中からは体中をケガしている将人と先生が出てきた。
駿之介
駿之介
先生!脇は…?
医者
医者
骨折が数カ所と頭部からの
出血が見られましたがなんとか
一命を取り留めました。
あなた

良かった…😢

医者
医者
今は麻酔で眠っていますが切れたら
目を覚ますでしょう
あなた

分かりました…

看護師
では病室へ案内しますね
そう言われ私達は将人が使う病室へと向かった。
看護師
何かあったらナースコールでお呼びください
あなた

はい

看護師
では失礼します
聖蘭
聖蘭
命に別状なくて良かったねあなた…
あなた

うん…

竜之介
竜之介
あなた本当にごめん…
あなた

本当に大丈夫だから…

竜之介
竜之介
ありがとう…
匡
取り敢えず目覚ますの
待つしかないな…
絃歩
絃歩
だな…
将人の手を握りながらみんなで話をしていると将人の手が少し動いた気がした。
あなた

ねえ将人の手が動いた…

駿之介
駿之介
マジ?!
あなた

うん…
将人聞こえる?

将人
将人
キュッ
あなた

ほら!

匡
ほんとだ…
将人
将人
んっ…
あなた

将人?! 将人!

将人
将人
あなた…
あなた

将人… 良かった…

将人
将人
あなたごめんな…
あなた

バカ!
怖かったんだからね…🥺

将人
将人
ごめん…
竜之介
竜之介
脇…
将人
将人
まる…
竜之介
竜之介
俺のせいでごめん…
将人
将人
まるのせいじゃないばい…
竜之介
竜之介
でも俺を庇ったから…
将人
将人
体が勝手に動いただけやけん
本当に気にすんな…
竜之介
竜之介
ありがとう…
あなた

( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

将人が生きてたっていう安心感や心配だった時の事など色んな感情が混ざり私は涙が止まらなかった。
将人
将人
あなた泣かないで?
あなた

だって…🥺

将人
将人
本当にごめんね…
もうこんなヘマしないけん
安心して…?
あなた

そういうことじゃないでしょ…

将人
将人
あなた

もう喧嘩を辞めるの!

将人
将人
喧嘩を辞めて欲しいと思い伝えたら黙り込んでしまった将人。

この後、社長の一言で私たちの人生が変わるなんて思いもせずに…。