無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

357
2020/12/07

第15話

同棲開始④
2人が出てってどれくらい経ったのだろう。
何も連絡ないし帰ってくる気配もない。
聖蘭
聖蘭
絃歩たち大丈夫かな…?
あなた

帰ってくるって言ってたし
信じるしかないよね…

プルルル
聖蘭
聖蘭
私のじゃないよ
あなた

私か…

ケータイを見るとそこには社長と表示されていた。
聖蘭
聖蘭
誰?
あなた

社長…

聖蘭
聖蘭
出なよ
あなた

うん

~電話~
あなた

はい…

駿之介
駿之介
あ!あなた?
あなた

そうだけど…

駿之介
駿之介
脇が…
あなた

将人がなに?

駿之介
駿之介
脇が病院に運ばれた
あなた

なんで?!

駿之介
駿之介
詳しい事は病院で話すけん
今すぐ来い!
ふぉいとまるがそっち迎えに
向かってるけん
あなた

分かった…

聖蘭
聖蘭
なんやって?
あなた

将人が病院に運ばれたって…

聖蘭
聖蘭
ほんとに…?
あなた

うん…
今まる達がこっち向かってるから
病院来たら詳しい事話すって

聖蘭
聖蘭
そっか…
2人が来るのを待っていると聖蘭せいらのケータイに「着いた」と連絡が入ったので私達は外に出た。
絃歩
絃歩
聖蘭せいら
聖蘭
聖蘭
絃歩…
切り傷などをあっちこっちにしている2人が外には居た。
あなた

大丈夫…?

竜之介
竜之介
俺らはなんとか…
絃歩
絃歩
取り敢えず病院行こ
竜之介
竜之介
あなたは俺の後ろでいい?
あなた

うん…

まるの後ろに乗り病院へ着くと2人は私たちの前をスタスタ歩いて行くので着いていくとそこは手術室だった。

そして顔や手足にガーゼや絆創膏を貼った社長と銀太が居た。
あなた

将人は…?

駿之介
駿之介
手術中…
あなた

なんでなの…?

竜之介
竜之介
ごめん…。
俺のせいなんよ…
あなた

え…?

匡
それは違う。
あれはまるのせいじゃない
竜之介
竜之介
いや…でも…
あなた

ねえ。何があったん?

駿之介
駿之介
実はまるを庇ったんよ…
あなた

まるを…?

駿之介
駿之介
うん…
聖蘭
聖蘭
絃歩どういうことなん?
絃歩
絃歩
あいつらめっちゃ卑怯でさ…
まるが倒れ込んだ時に鉄パイプで
殴りかかろうとしてて…
匡
それを脇が庇ったんよ…
あなた

そうだったんだ…

駿之介
駿之介
それで結構殴られてて…
あなた

治るよね…?

聖蘭
聖蘭
あなた…
駿之介
駿之介
手は尽くすって言ってた…
あなた

そっか…

竜之介
竜之介
あなた俺のせいでごめん…
あなた

まるのせいじゃないし…

竜之介
竜之介
でも俺が倒れんければ…
あなた

まるのせいじゃないから大丈夫だよ
将人って自分より人を優先するじゃん?
だから見捨てること出来なかったんだと思う…

竜之介
竜之介
あなた…
聖蘭
聖蘭
今は脇くんの無事を祈ろ?
あなた

うん…

私達は手術室の前で将人が無事に戻ってくる事を祈った。