無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

334
2020/12/13

第18話

上京②
翌朝、私はまるからの電話で目覚めた。
あなた

はい…

竜之介
竜之介
あなた?
今から迎えに行くけん用意しときーよ
あなた

分かった…

竜之介
竜之介
ほーい
電話を切り身支度をしてまるが来るのを待った。

ピコンッ
竜之介
竜之介
着いたよ
あなた

今行く

家の鍵を閉めまるの所に向かった。
竜之介
竜之介
じゃあヘルメットして
あなた

うん

竜之介
竜之介
じゃあ動くよ?
あなた

道案内する?

竜之介
竜之介
この前、脇が教えてくれたけん
分かるばい
あなた

分かった

竜之介
竜之介
じゃあ行くね
まるのその一言でバイクが動き出し暫く走ると家が見えてきた。
竜之介
竜之介
ここだっけ?
あなた

そうだよ!

バイクから降り鍵を開けるとリビングから母親が出てきた。
母親
母親
あなた…
あなた

母親
母親
そちらの方は?
あなた

彼氏の友達

竜之介
竜之介
松尾って言います
母親
母親
どうも…
良かったら上がってください
あなた

伝えたいこと言いに来ただけやから
すぐ帰るしここでいい

母親
母親
そっか…
あなた

私、この人達と東京行くことにしたから

母親
母親
え…?
あなた

一緒に東京行ってDJで有名になるの

母親
母親
そう…
あなた

それを伝えに来ただけだから
じゃあね

母親
母親
待って
あなた

まだなんかあんの?

母親
母親
やっぱり家に戻ってこない?
東京なんて危ないし…
あなた

私はこの人達とこれからの人生を
歩んでいくって決めたの。

母親
母親
あなた

じゃあね
もうここに戻って来る気もないから

あなた

まる行こ

竜之介
竜之介
あなた…
あなた

早く行くよ

竜之介
竜之介
お…おう
じゃあこれで┏●
もうこの家に戻ってくる気はないし実家の鍵を下駄箱に置き私とまるは家を出た。
竜之介
竜之介
あなた
あなた

なに?

竜之介
竜之介
本当にこれでいいん?
あなた

どういうこと?

竜之介
竜之介
今ならまだ引き返せるって言うか…
あなた

いいの!
みんなと一緒に東京行って
DJで有名になる。
そう決めたんだから

竜之介
竜之介
そっか!
あなた

うん!
早く将人の所行こ?

竜之介
竜之介
だね!
再びバイクに乗るとまるは将人の居る病院に連れてってくれた。
あなた

まーさと🎶

将人
将人
あなた
竜之介
竜之介
お! みんなも居るやん
駿之介
駿之介
そりゃあなたがくるの分かっとったし
匡
てか話してきたん?
あなた

うん

将人
将人
なんか言われた?
あなた

危ないしやっぱり家に戻ってこないかって

将人
将人
それで?
あなた

戻る気はないって言ってきた

将人
将人
あなたは本当にいいん?
あなた

うん。いいの
みんなと一緒に東京行く

将人
将人
分かった
あなた

聖蘭せいらは?
なんか言われた?

聖蘭
聖蘭
好きにしなさい。だって
あなた

そうなんだ!

駿之介
駿之介
じゃあこの7人で絶対幸せになろうな
絃歩
絃歩
もちろん!
匡
当たり前!
竜之介
竜之介
うん!
将人
将人
おう!
あなた

なる!

聖蘭
聖蘭
私も!
みんなで東京に行く日が今から楽しみで仕方がない。