無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ネネ
日奈
日奈
ごめんね…なんか
美由紀
美由紀
日奈ちゃんは悪くないよ!
日奈
日奈
ふふ…ありがとう
美由紀
美由紀
他に何か知ってることある?
日奈
日奈
うん。
このデスゲームの中でも最強プレイヤーがいて
そのプレイヤー名がネネっていうの
だからネネさんのチームは常に大人気なんだ
美由紀
美由紀
へぇ
日奈
日奈
まあだってネネさんのチームに入ったら
ほぼ勝つからね
美由紀
美由紀
そんなに強いんだ
日奈
日奈
うん!めーーっちゃくちゃ
日奈
日奈
確か1ヶ月前に来て、1日たつ頃にはもう 
最強プレイヤーになってたらしいよ
美由紀
美由紀
1ヶ月前…
日奈
日奈
どうしたの?
美由紀
美由紀
ううん…なんでもない
日奈
日奈
ネネ…ってまさか…
谷川 寧々さんじゃ…
ちょうど1ヶ月前だし…

いやまさか、そんなわけ…ないよね?
ピピッピピッ
美由紀
美由紀
!この音は?
日奈
日奈
!?
も、もう来たかぁ
美由紀
美由紀
え?
そういった途端…
司会者 ルック
司会者 ルック
はいどうも!ルックです☆  
今日の死亡者は誰でしょうかね?
ふふふ…

では早速…1時間後にゲームが始まるから
しっかり準備しておくようにー!

それでは
ぷちっ
美由紀
美由紀
きれた…
というか準備って?
日奈
日奈
準備ってのはチームを組むってことだよ!
どこのチーム行こうかなあ
美由紀
美由紀
あっあのさ!
日奈
日奈
どっ…どうしたの?
美由紀
美由紀
よかったら一緒に、
ネネさんのチームに行かない?
日奈
日奈
え!あのネネさん!?
日奈
日奈
いいけど…
入れるかなあ
美由紀
美由紀
とりあえず行くだけ行ってみようよ!
私達が死なないためにも
私達が死なないためにも…
という理由もあるけど、
半分以上はネネさんが
谷川 寧々さんなんじゃないかっていう
疑問のためなんだよね…
日奈
日奈
まあ…そこまで言うなら
あまり乗り気ではないようだ
やっぱり入るのはとても難しいのかな



すたすた
日奈
日奈
噂をすれば
日奈
日奈
あっあの!
寧々
寧々
…なに
美由紀
美由紀
美由紀
美由紀
谷川…寧々さん
寧々
寧々
知ってるの?
美由紀
美由紀
はい。同じクラスの蒼井 美由紀です
寧々
寧々
…そう
それで、用件は?
日奈
日奈
(美由紀…知り合いだったんだ…)
日奈
日奈
えーえとっ!
美由紀
美由紀
チームに入れてくれませんか?
日奈
日奈
チームに入れてくれませんか?
寧々
寧々
…そう…ね。
じゃあ美由紀さん
戦いに必要なものはなんだと思う?
美由紀
美由紀
え…?
寧々
寧々
なんだと思う?
美由紀
美由紀
あ…えと…
勇気と、誰かのために戦う気持ち?
寧々
寧々
ふふっ
美由紀
美由紀
ごごごごめんなさいっ!
何かいけない事でも言ってしまいましたでしょうか?
寧々
寧々
いいえ、
確かにその通りだなって

気に入ったわ
二人とも私のチームに入れてあげる
日奈
日奈
ほんとですか!?
美由紀
美由紀
…✨  
やったね!日奈ちゃん!
日奈
日奈
うん!
ネネさんありがとうございます✨
寧々
寧々
私こそ大歓迎よ。
よろしくね
寧々
寧々
……。次は誰を殺そうかしら
ボソッ
美由紀
美由紀
何か言いましたか?
寧々
寧々
なんでもないわ
美由紀
美由紀
は…はい
なんとなく一瞬…ほんの一瞬…
ネネさんがとても恐ろしく見えたけど…
きっと、きっと、気のせいだ