無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

目が覚めるとそこは
美由紀
美由紀
ん〜。。。
ってあれ…ここは?
目が覚めるとそこは…異世界だった。
美由紀
美由紀
船が空を飛んでる…
どういうこと?
すたすた
美由紀
美由紀
後ろに誰かいる…だれ!?
ばっ(振り返る
日奈
日奈
うわっ!びっくりしたぁ…
急に振り返らないでよ〜
まっいっか!  

こんにちは!
美由紀
美由紀
あ…あなたは?
恐る恐る聞いた
日奈
日奈
私の名前は日奈!
私も1週間前ここに来たばっかなんだ
日奈
日奈
あなたは?
美由紀
美由紀
え…えーっと、美由紀…
小さく呟いた
日奈
日奈
美由紀ちゃん…ね!
よろしく
(なんでこの人こんなに馴れ馴れしいんだろう…)
心の中でそう思ったが本人には
言わないことにした
日奈
日奈
美由紀ちゃんさ、この世界についてあんまり知らないよね?
美由紀
美由紀
うん…
日奈
日奈
私がこの世界について教えよっか!
美由紀
美由紀
えっほんと!?
日奈
日奈
うん!
美由紀
美由紀
ありがとう…!
この世界について教えてもらえるのは
とてもありがたい…!!
一体どんな世界なんだろう…
日奈
日奈
まあ私も来て1週間だしあんまり分かんないことも多いんだけど、
とりあえず知ってる事を話すね
日奈
日奈
まずここはデスゲームの世界。
それでデスゲームが開始される1時間前に
通知が来て、その1時間後にゲームが
スタートするの
日奈
日奈
そしたら、何チームかに別れてゲームをするんだけど
そのゲームに負けると…あのぉ…えぇっと…
美由紀
美由紀
負けると…?
日奈はなにか言いづらそうにしている
日奈
日奈
死んじゃうん…だよね
目を逸らして小さく言った
美由紀
美由紀
死ぬ…?
美由紀
美由紀
そ…それは…なにかたとえてるの?
日奈
日奈
いや…そうじゃなくて…
その…命が尽きるというか…
まあほんとに…"死んじゃう"んだよ
美由紀
美由紀
なにっ…それ…