無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

.*・゚ .゚・*.




外に出ても










迎えてくれるのは車の音だけ


















マネージャーに車を頼んだけど少し遅れるみたい










10分後…



マネージャー
マネージャー
あなたさーん!
マネージャー
マネージャー
お疲れ様です
You
You
車、ありがとうございます
マネージャー
マネージャー
いやいや
全然大丈夫ですよ









私が認めている人は




みんな凄く優しい


















「認めている人」とか良くないよね、、、











私だって全員認めたいよ






















でもね、


あのことがあってから韓国人が嫌いになった







マネージャー
マネージャー
あなたさーん?
元気ないね
You
You
あ、いえ
お腹空いたなーって
マネージャー
マネージャー
ふふ
まだ幼いな〜










本当は




お腹なんか空いてない






何も食べたくない





マネージャー
マネージャー
あなたさん
もう着きますよ
You
You
はーい




いろいろ考えているうちに




宿舎に着いた








You
You
ありがとうございました!
マネージャー
マネージャー
全然だよ
ゆっくり休んでね
You
You
はい!!


マネージャーと別れて



部屋に向かう







You
You
誰も起きてないよね…

NEXT