無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
756
2019/02/18

第6話

✈️
ゆー
ゆー
ねえ!
ゆー
ゆー
ゆんちゃんと呼ばせてもらってもよろしいですか!?
ゆんぎ
ゆんぎ


ゆんぎside





こいつ、頭おかしいと思う。


知らん人に…って言っても


俺のペンだったけど、


突然殺すなんて言われて,


俺(推し)の事を第一に考えてる。







ゆんぎ
ゆんぎ
きもいな、うん←
ゆー
ゆー
へっ。
ゆー
ゆー
へっくしょおおおおんっ!!!
ゆんぎ
ゆんぎ
(  ˙-˙  )
ゆー
ゆー
じゃあ、ゆんぎ오빠は?
ゆんぎ
ゆんぎ
…まあ、それなら、



いいわけないだろ、なんて


笑って突っ込もうとしたけど


隣を見たらとびきりの笑顔で





ゆー
ゆー
ありがと!



なんて言うから


言おうにも言えなくなっちまった。







ゆー
ゆー
ゆんぎ오빠の笑顔がほんとに
大好きなの!ねえ!笑って!
ゆんぎ
ゆんぎ
(にこぉ
ゆー
ゆー
え、な、なんか違う←
ゆー
ゆー
あ゛!



突然叫んで


ずいずい近づいてくる。







ゆー
ゆー
ねえ、こいばn



ピーンポーン






ゆんぎ
ゆんぎ
あ。ちょっとまってて。
ゆー
ゆー
ん!待ってる~
ソクジン
ソクジン
やぁ!ゆんぎぃ!元気してたかぁ!
ゆんぎ
ゆんぎ
ヒョン、入らないでください。
ソクジン
ソクジン
なぁにぃ、女の子でもつれ込んでるの?アヒャッ、アヒャッ
ゆんぎ
ゆんぎ
今日は帰ってください。
ソクジン
ソクジン
じゃあ!また来るねアヒャッヒャッ




next