無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,211
2018/11/03

第3話

新生活
北斗が私の荷物を受け取ってくれた。
全部の荷物を運び終えると引越し業者が帰って行った。
松村北斗
松村北斗
あっ…
理沙、おかえり笑
松村理沙(白石理沙)
ただいま笑
なんかこれから、2人だけの生活になるとこうやって「ただいま」「おかえり」って言い合うのが今でも不思議。
北斗と出会えてよかったと思ってるよ…。
松村北斗
松村北斗
理沙の荷物、運び終えた。
松村理沙(白石理沙)
ありがとう!
松村北斗
松村北斗
今日から一緒の家なんだな〜
松村理沙(白石理沙)
そうだね〜
松村北斗
松村北斗
なんか理沙と一緒にいるのが嬉しくてさ…
松村理沙(白石理沙)
私もだよ笑
まだ信じられないくらい笑
松村北斗
松村北斗
愛してるよ理沙…
松村理沙(白石理沙)
何、急に…/////
恥ずかしいじゃん…/////
松村北斗
松村北斗
なんか言いたくなったから…/////
松村理沙(白石理沙)
私も愛してるよ…/////
松村北斗
松村北斗
なんかこっちから言ったのに恥ずかしい…/////
松村理沙(白石理沙)
アハハ笑
松村北斗
松村北斗
なんかお腹すいた笑
松村理沙(白石理沙)
じゃあ、ご飯作るね!
松村北斗
松村北斗
ありがとう!
俺も作る!
松村理沙(白石理沙)
そう言えば北斗、料理上手いもんね笑
松村北斗
松村北斗

松村理沙(白石理沙)
じゃあ、2人で作ろっか!
松村北斗
松村北斗
そうだね!
こうして仲良く料理をしたのだった。