無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

fourteen
司会者
待てよ
サワッサワッ
橋本◯◯
橋本◯◯
ッ、
青山陸
青山陸
あなた?やっぱり、無理でしょ?
橋本◯◯
橋本◯◯
大丈夫だから!
司会者はあなたのブラのホックを外した
橋本◯◯
橋本◯◯
えッ、
モミモミッ
橋本◯◯
橋本◯◯
ぃや。ゃめて。
青山陸
青山陸
あなた!
青山陸
青山陸
おいてめぇ!俺の彼女になにしてるんだよ!離れろ!
青山陸
青山陸
あなたの体を触っていいのは俺、彼氏だけだから!
橋本◯◯
橋本◯◯
りっくん
モミモミッモミモミッ
橋本◯◯
橋本◯◯
なっにっするんですか。ゃめてください
青山陸
青山陸
聞こえてるんですか?
バコンッ
司会者
いって
私は、また触られないようにブラのホックを付け直した
青山陸
青山陸
あなた、後ろ乗って?
橋本◯◯
橋本◯◯
いいよ。自分で歩く
青山陸
青山陸
こうするしかないね
そう言って、りっくんはあなたをお姫様抱っこした
橋本◯◯
橋本◯◯
っ!////////////
チュッ
橋本◯◯
橋本◯◯
ぇ。////////////
次の日Twitter見たらえげつなく付き合ってることを賛成してもらった
@
推しと推しが付き合うなんて!
@
おめでとう
@
最高じゃん!
等々かかれて嬉しかった。