無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の朝の様子
あなたside
平野紫耀
平野紫耀
ねぇ起きて、あなた!俺もう仕事いくよ。
あなた

はぁ…もうこんな時間?行ってらっしゃい…

平野紫耀
平野紫耀
なぁ、もうちょっとちゃんと見送って(笑)
あなた

はいはい。お仕事頑張ってね!今日何時まで?

平野紫耀
平野紫耀
21時まで。夜遅いよ
あなた

未満警察の撮影?

平野紫耀
平野紫耀
うん。朝は違う仕事して、昼から撮影する。
今日撮るとこアクションシーン多いんだよな~
あなた

この前たんこぶ作って帰ってきたもんね(笑)

平野紫耀
平野紫耀
(笑)あれは痛かったなー
あなた

とにかく気をつけてね。あと、健人くんに迷惑かけないように。

平野紫耀
平野紫耀
はい。分かりました。
行ってきます!
あなた

行ってらっしゃい

こんな感じで紫耀を見送ったあと、また眠気が襲ってきた。今日も寝過ごしちゃったな。私はベッドに倒れ込む。いつでもかっこよくて、天然で、King & Princeの平野紫耀が私の彼氏なんです。