無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

結婚式
Noside

牧師)新郎平野紫耀、あなたはここにいる新婦あなたを、健やかなるときも病めるときも、富めるときも貧しいときも、妻として愛し、敬い、いつくしむことを誓いますか?
平野紫耀
平野紫耀
誓います。
牧師)新婦あなた、あなたはここにいる新郎平野紫耀を、健やかなるときも病めるときも、富めるときも貧しいときも、妻として愛し、敬い、いつくしむことを誓いますか?
あなた

誓います。

牧師)それでは、誓いのキスを。
平野紫耀
平野紫耀
(あなたのベールを上げて、キスする)
パチパチ
ヒュー
あなた

(笑)

平野紫耀
平野紫耀
(笑)
幸せいっぱいな結婚式会場。




披露宴にて

あなたside

披露宴だ!テンションMax!
でも人数は小規模でしてるから、披露宴会場にいるのは、私の両親と祖父母、紫耀のお母様とお婆様、それぞれの古くからの友達2,3人だけ。
それでも、紫耀が隣にずっといてくれるから最高に嬉しい。
それにやっぱりかっこいい!
白いタキシード着てるから、もう王子様みたいなの。
目が会うと、照れくさそうに笑ってくるし、そのたびに私の心臓は破れそうになる。
司会者)ただいまよりゲストに登場してもらいます
ん?ゲスト?って誰だろう。

ぽかんとしてると、紫耀がそっと立ち上がった。
あなた

えっ?

紫耀は私にそっと微笑むと、マイクを持ってステージの方へ歩いて行く。

それと同時にイントロが流れ始めた。

これは…memorialだ。
でも、どうして?

そんなことを考えてる間に、ステージ上にキンプリメンバーが出てきた。

キャーッ嘘でしょー。
平野紫耀
平野紫耀
涙も悲しみも
笑い合えるのはー
永瀬廉
永瀬廉
今日という瞬間を迎えられたからー
岸優太
岸優太
(廉と重ねて)迎えられたからー
髙橋海人
髙橋海人
空にあるー、無数の星
見つけられるのは奇跡
神宮寺勇太
神宮寺勇太
背中合わせ、過ごす時間
描いていこう未来ー
平野紫耀
平野紫耀
(ジンと重ねて)描いていこう未来ー
全員)永遠を誓おう。君を守り続けるよ。虹のように温かな愛で
平野紫耀
平野紫耀
君を包もうー
何これ、こんなサプライズ聞いてない…
私の友達もすごく興奮してる。
少し飛ばして
永瀬廉
永瀬廉
悲しみは半分
髙橋海人
髙橋海人
喜びは2倍に
岸優太
岸優太
毎日が特別なmemory
平野紫耀
平野紫耀
(あなたを見つめながら)
ずっと守るよー
全員)永遠を誓おう~…
もう、涙が止まらないんですけど。
この歌ってこんなに心にしみるもんなの?
最高の思い出になったよ、ありがとう!
歌が終わった後…
平野紫耀
平野紫耀
これが、僕たちからの、サプライズです。
楽しんでいただけたでしょうか?
僕はあなたさんと結婚しますけれども、何かコメントはありますか?笑
(廉にマイクを向ける)
永瀬廉
永瀬廉
コメントってなんやねん笑
祝福の言葉やろ。
会場)笑
平野紫耀
平野紫耀
あっ、そっか
永瀬廉
永瀬廉
まぁね…おめでとうございます。
これからも幸せになってや。
平野紫耀
平野紫耀
ありがとう!
岸君は?
岸優太
岸優太
うん、ちょっと寂しい気もするけど幸せになってください//
神宮寺勇太
神宮寺勇太
何で照れてんの笑
会場)笑
平野紫耀
平野紫耀
そういう、ジンはどう?
寂しい?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
そりゃな。でも、紫耀と離れる訳じゃないから俺は大丈夫笑
これからもあなたさんと、たくさんの思い出を作って下さい。
平野紫耀
平野紫耀
作ります笑
海人は?
髙橋海人
髙橋海人
俺は、心から祝福してる。
これから幸せに、紫耀があなたさんをサポートして、頑張ってね。
平野紫耀
平野紫耀
ありがとう~。
なんか泣けてきた(涙を拭う)
岸優太
岸優太
何で!?
紫耀が泣いたら俺ももらい泣きしそうだから、やめて!
キンプリをみてると、なんか心が温かいわー
すごいメンバーが紫耀想いなんだなー。
キンプリメンバーが着席した後…
紫耀side

今は、あなたの友達さんが、手紙を読んでる。
あなた

(号泣)

めっちゃ泣いてる笑
メイク落ちちゃうよ。
平野紫耀
平野紫耀
(ハンカチをあなたに差し出す)
ふきなよ。
あなた

グスっ、ありがとう

あなたのドレス姿にさっきから見とれちゃうんだけど笑
誓いのキスの時、ベール上げるのめっちゃ緊張したもん。
後で写真撮らせてもらおう
その後…
あなたside

私が親に手紙を読む時がやってきた。
緊張する~。
あなた

お父さん、お母さんへ
今まで22年間、私を育ててくれてありがとう。いつもお父さんは、私に厳しくて、「おかずはご飯と一緒に食べなさい。」とご飯のマナーを指摘されたり、私が友達とイベントに行くときにも、気を付けるべき事を1~10まで言われたりしました。その時は腹が立って、よくお母さんに愚痴を吐いたりしたけど、今となってはとても大事なことだったんだなと実感しています。優しい部分ももちろんあって、たくさん色んな所に連れて行ってくれたり服を買ってくれたりしました。とても嬉しかったです。ありがとうございました。お母さんは~…

手紙を読み終わった時にはもう会場中が号泣してた笑
意外と私は読むのに集中してて、涙は出なかったんだけど。
そして、私の親からも手紙を読んでもらって、その時にもう一度号泣しました笑
紫耀ファミリーも手紙を読み終え、感動に包まれた。


いい式だったね。
私の愛する人は紫耀しかいないよ。
大好きだよ。

って紫耀に伝えたい。



Noside
結婚式が終わり、帰りの車にて。
平野紫耀
平野紫耀
ほんとに、今日は良かったな。
あなた

うん。サプライズありがとう

平野紫耀
平野紫耀
あなたに喜んでほしくて俺がメンバーに頼み込んだんだ笑
あなた

そうだったの!?メンバーさんにお礼言っといてね。

平野紫耀
平野紫耀
うん。
あなた

平野紫耀
平野紫耀
沈黙が続く。
あなた

ねぇ…

平野紫耀
平野紫耀
ん?
あなた

やっぱり何もない

平野紫耀
平野紫耀
聞かせてよ
あなた

…///今日改めて、いや、毎日実感してるんだけど…

私の愛する人は紫耀しかいないなと思う。本当に紫耀の事が大好きなの。

平野紫耀
平野紫耀
////あなた、
平野紫耀
平野紫耀
そんなこと今ゆうな。
あなた

えっ?

平野紫耀
平野紫耀
抱きしめたくなるだろ//
でも、今運転中だから…出来ないんだよ
あなた

…笑
後でいっぱい抱きしめていいから、今はちゃんと運転して。

家に到着
あなた

ガチャ   ただいまー

平野紫耀
平野紫耀
ただいまー
あなた

なんかほっとするね

平野紫耀
平野紫耀
うん。
あなた

(手を洗いにいく)

平野紫耀
平野紫耀
あなた。
あなた

なに?わっ(紫耀に抱きしめられる)

平野紫耀
平野紫耀
さっき言ったから、後で抱きしめていいよって。
あなた

でも、手は洗わせてよ。笑

平野紫耀
平野紫耀
嫌だ。俺もあなたが大好きだから
あなた

理由になってないよ

平野紫耀
平野紫耀
黙ってくれる?笑
もっとエスカレートするよ
あなた

すいません。黙ります…

平野紫耀
平野紫耀
I love you
あなた

笑なんだそれ

なんか二人だけの空気になってるので、邪魔しないであげましょう←誰?