無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

結婚式前日
紫耀side

明日はあなたと俺の結婚式。
結構小規模で行う式だけど、あなたのドレス姿を早く見たくてチョー楽しみ。
あなた

遂に明日かー。ダイエットも成功したし、肌荒れもないしラッキー!

平野紫耀
平野紫耀
いつの間にダイエットしてたの?
あなた

ずっと地道にしてたよ。

ダイエットなんかしなくても、良いと思うけどなぁー。
痩せてる人に限って、痩せたいとか言うよな。
平野紫耀
平野紫耀
でも、痩せなくても良くない?
あなた

もう痩せちゃったから

平野紫耀
平野紫耀
あなたは痩せてるよ
あなた

頑張って痩せたの

うっ。ストレートに返されるな。
ここは何も言わない方がよさそう。
あなた

私、楽しみ。紫耀の白いスーツ姿。(タキシードっていうのかな?)

平野紫耀
平野紫耀
俺も。あなたのドレス姿、ずっと想像してんもん
あなた

想像と違うかもしれないけどごめんね

平野紫耀
平野紫耀
いや、絶対あってる。
あなた

(笑)

俺の予想は、なんかこうなっててすごい綺麗な感じ。伝わった?←分かりません!
あなた

(あくびする)
私もう寝るね~

平野紫耀
平野紫耀
えっもう寝んの?
あなた

明日は特別だから

平野紫耀
平野紫耀
(笑)じゃあ俺も寝るよ。
ほんとは全然眠くないんだけど。
あなたの寝顔が見たくて一緒に寝ようと思った(笑)


ベッドにて
平野紫耀
平野紫耀
(笑)っおい。離れろよ。
あなたがやけに俺に引っ付いてくる
あなた

私だってたまには甘えたくなるんですー

平野紫耀
平野紫耀
眠たいんじゃなかったの?
あなた

眠たいけど…

やっぱ眠いんだ。あなたの声が途切れた。
平野紫耀
平野紫耀
眠たいけど…何?
あなた

あっ、もう寝たのか。
じゃあ…


俺はゆっくり寝返りを打った。
すると間近にあなたの寝顔が。

////可愛い…というか綺麗。

なんか照れるんだけど。
俺は一人で何してるんだろう?(笑)
平野紫耀
平野紫耀
あなた
あなた

ん~?

俺に引っ付いているあなたの力は抜けていく。
だから次は俺があなたに引っ付いた。
平野紫耀
平野紫耀
…おやすみ
あなた

明日は結婚式。
お互い幸せな時間になったらいいな。

そう思い、俺も眠りについた