無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

帰り道事件
あなたside

たらふく食べた。絶対太ったわ。帰り道でそう思う。紫耀の方を見ると、少し苦しそう。
あなた

今日はありがとね。おかげで太った(笑)

平野紫耀
平野紫耀
それほんとに感謝してる?(笑)
あなた

してるわ

そうじゃれ合いながら歩く

すると-
知らない若い男
なぁ、そこの可愛い子!オレとデートしよ
えっ、私ですか!?
これがナンパってやつ?
この人酔っ払ってんのかな
平野紫耀
平野紫耀
あの、俺の彼女なんですけど
少し声色を変える紫耀にキュンとしてしまう。
知らない若い男
まぁ、彼氏さんもそう言わずにさ。
(あなたの腕を引っ張る)
すぐ返すから
ちょっと!
やめてー