無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

どうした!
紫耀side

今日は仕事が無い。あなた起こしてどこか出かけたいな。
そう考えながらあなたが寝てる部屋へ
平野紫耀
平野紫耀
あなた~…
あなたがいない
ベットの周りを探すとあなたが倒れてる
平野紫耀
平野紫耀
おいっ、あなた起きて。大丈夫!?
あなたは汗だくだった。目は閉じたまま、眉間にしわを寄せている。
平野紫耀
平野紫耀
あなたっ、あなたっ
あなた

はなして…

何言ってんの!とにかくベッドの上に…
俺はあなたを持ち上げてベッドに寝かせた
あなた

(目を開ける)んー、どしたの?必死な顔して

どしたの?じゃないよ。こっちがだよ。こんなに焦らしといてさ…