無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

俺の決意
紫耀side

ふぅー。
今日はあなたのご両親に挨拶しに行く日。
絶対に変なことは言わないようにしなきゃな。
あなた

緊張する?

平野紫耀
平野紫耀
うん。だってこれで結婚反対されたら、もうあなたとは別れなきゃいけなくなるし
あなた

…寂しいこと言わないでよ。

平野紫耀
平野紫耀
でも、絶対に説得するから安心して。
あなた

けど、私のお父さん厳しいよ。

平野紫耀
平野紫耀
えっ、まじで
あなた

だから余計心配で。

平野紫耀
平野紫耀
あなたのご両親に心配かけないように、ちゃんとするから。
ほら、スーツも着てるしお土産もあるし。
あなた

(笑)お母さんはOKしてくれると思う。
昔から「優しくて、かっこいい人と結婚して」って言われてたし。

平野紫耀
平野紫耀
俺ってかっこいい?
あなた

かっこいいに決まってるじゃん。

なら大丈夫かな。←えっ?




あなたの実家にて
平野紫耀
平野紫耀
初めまして。1年程前からあなたさんとお付き合いさせて頂いている、平野紫耀と申します。
お母さん)えっ、ほんとに平野紫耀さんとお付き合いしてるの?(興奮してる)
お父さん)…
平野紫耀
平野紫耀
ご報告が遅くなってしまい申し訳ありません。
お母さん)大丈夫ですよ。
お父さんはさっきから俺と目を合わせてくれない。
どう言えば、いいだろう。
平野紫耀
平野紫耀
以前、あなたさんにプロポーズしまして…
お父さん)ちょっと待ってくれ
平野紫耀
平野紫耀
はい。
お父さん)平野さん、あなたは芸能人だよね。しかも今人気の。
  
平野紫耀
平野紫耀
はっはい。
お父さん)この前の会見も見たんだか、君はしっかりとしている。
意外な事を言われ、びっくりした。
平野紫耀
平野紫耀
ありがとうございます。
お父さん)でも君はあなたを本当に守れるのか?
君のファン、世間の人々、その他の危険な事から、あなたを守ってあげられるのか?
確かに。そうだ。ファンに家でも突き止められてあなたが襲われたり、世間の人々からの視線にあなたが耐えきれなくなったら…
他にも悪い奴はいっぱいいるし、地震とか火事が起きたときに俺があなたのそばにいれなかったら…

急にすごい責任感と不安が襲ってきた。
別にあなたを守る覚悟がなかった訳じゃない。もちろんそれは責任感を持ってたはずなのに。
自分が大切にしてきた娘を、知らない男に渡すなんて簡単にできないよな。
だから、「覚悟を持って絶対にあなたを守り続ける。」って俺がしっかりしないと。
平野紫耀
平野紫耀
…出来ます。何が何でも、仕事途中でも、違う国にいてもあなたさんに何かあったら僕が駆けつけます。その覚悟を持って僕は永久にあなたさんのそばにいたいです。

だから、娘さんを、

僕に下さい。
お父さん)…
お母さん)…
あなた

沈黙が続いた。あなたはこっそりと机の下から俺の手を握ってきた。
あなたも不安なんだ。

お父さん)…分かった。結婚を許します。
その代わりに絶対にあなたを泣かせるな、怖がらせるな、死なせるな。
平野紫耀
平野紫耀
はい。
お母さん)あなたも。平野さんを大切にして、時には守ってあげてね。
あなた

うん。約束する。

そう言って、あなたは俺に微笑んできた。俺も思わずニヤけてしまう。



僕はここに宣言します。 






















これからも君を守り続けるから。