無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

必死な顔でどうしたの?
あなたside

目を開けると、必死な顔で紫耀が私を見ている。
私いつの間にか汗だくだ。
平野紫耀
平野紫耀
ベッドの横で倒れてたからびっくりした。
変な夢でも見た?
えーと、見たっけ?見てないよね?
記憶をたどっていく。
あっ、金縛りにあってたんだ!←あっさり
あなた

夜金縛りにあったからかも。めっちゃ怖くて大変だった

平野紫耀
平野紫耀
そうだったんだ。とにかく良かった。
紫耀の目に涙が溜まっている。
それだけ心配してくれてたんだ