無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

すぐ帰るから
紫耀side

俺はあなたからの電話をもらった後、マネージャーさんに頭下げて仕事を切り上げた。
あなた、すぐ帰るから。

タクシーに乗って30分
平野紫耀
平野紫耀
ここで大丈夫です。
ドライバー 
でもここから目的地まで後15分はありますよ
平野紫耀
平野紫耀
あー、全然大丈夫なんで。
ありがとうございます
俺は一万円札を置いて、タクシーから飛び出した。
この道路はすごく渋滞している。
ならまだ走った方が早い。
平野紫耀
平野紫耀
待ってろよ、あなた!