無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

金縛り
あなたside

ふと目を覚ますと体が動かなかった。
耳がキーンとなり、声が出せない。
金縛りだ。そう思い恐怖を感じた。
―トントン―ガサガサ―
耳元で不気味な音がする
いやだっ!何か来る
横に気配を感じる
最悪!