無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

気がついた
あなたside

そう言ったとき気がついた。
紫耀は芸能人。私のために仕事を切り上げるなんて、どれだけの人に迷惑かけるの?
これで私の事がバレたら、紫耀も大変だし、ファンの人が怒るよね…

恐怖が襲ってきた。ダメダメ、私がしっかりしなきゃ。
平野紫耀
平野紫耀
えっなんかあった?
あなた

ちょっと…やっぱ何でもない…ご…めん、仕事続けて…頑張って

そう告げて電話を切った。
あなた

次は、救急車…

119を押そうとすると、とてつもない頭痛がきて

意識がなくなった。