第2話

無一郎君
382
2019/12/15 02:00
時透無一郎






最初は無口で何を考えてるのか分からなかった



















me
me
  あ、あのッ  
me
me
  無一郎、さん、?  
時透無一郎
時透無一郎
  パチッ  





目を合しても何も言わない










me
me
  、、、  



__________











私はその時柱の中ではまだ未熟な方だった











だから皆さんに色々と教わっていた










胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  前より大分良くなってますよ~    
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  その調子!  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  ほら、冨岡さんも何か言ったらどうですか~?  
冨岡義勇
冨岡義勇
  、、  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  もしも~し、聞いてますか?  
冨岡義勇
冨岡義勇
  、、あなた  
me
me
  は、はいッ!  
冨岡義勇
冨岡義勇
  、練習あるのみだ  
me
me
  はい! 
冨岡義勇
冨岡義勇
  それと、  
me
me
  ??  
冨岡義勇
冨岡義勇
  、、応援してる  
me
me
  あ、ありがとうございます ! /  




そう言って義勇さんは何処かへ行ってしまった











胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  あなたちゃんごめんね~  
me
me
  え?  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  私用事があるから、あッ!  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  時透君!  
時透無一郎
時透無一郎
  はい  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  私が戻るまで、あなたちゃんの稽古少し見てあげてほしいんだけど、  
時透無一郎
時透無一郎
  分かりました  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  じゃあ、お願いね~  







無一郎さんに教えて貰える時が来るとは、、







緊張する、







時透無一郎
時透無一郎
  僕君と同期だし教えれる程でも無いから  
me
me
  いや、そんな事、、  
me
me
  無一郎さんは素晴らしい人ですもん!  
時透無一郎
時透無一郎
  、え?  







しまった、 緊張で変な事言ってしまった










me
me
  あ、ッあの気にしないで下さい、、  





無一郎さんは何も言わず







ただ黙って私の稽古を見てくれた


















時透無一郎
時透無一郎
  ねぇ  
me
me
  は、はいッ?  
時透無一郎
時透無一郎
  同期なんだしさ  
時透無一郎
時透無一郎
  さん呼び辞めて  
me
me
  、、ええええ!?  
時透無一郎
時透無一郎
me
me
  な、なんて呼べば良いんでしょうか 、、  
時透無一郎
時透無一郎
  呼び捨てでいいよ?  
me
me
  呼び捨ては流石に無理が、、  
時透無一郎
時透無一郎
  じゃあ君の好きな様に呼んで構わないよ  
me
me
  、、無一郎、君  
me
me
  なら、怒りませんか、ッ ?  
時透無一郎
時透無一郎
  僕 怒らないよ、女の子には  






無一郎様 かっこいい ←










me
me
  、//  
時透無一郎
時透無一郎
  あ、しのぶさん帰ってきた  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  ごめんね~、稽古ははかどりました?  
時透無一郎
時透無一郎
  はい、大分上達していました  
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
  そう、ありがとうね~  




無一郎君が私の元に来た










時透無一郎
時透無一郎
  頑張れ  





と、言い残して












NEXT

プリ小説オーディオドラマ