第2話

出会い
俺と梨沙の出会いは
中学2年の時
確か、夏休み明けに梨沙が転校してきたんだっけ
自己紹介のためにみんなの前に立って話している姿に
俺は思いを寄せたんだ
少し恥ずかしそうな君の表情
緊張から時々詰まってしまう可愛らしい声
君の魅力に俺は引き寄せられていったんだ
梨沙の自己紹介が終わっても君をずっと眺めていたっけ…
そしたら
先生
えー、誰か松谷に学校案内する人…
先生
あぁちょうどいい席も隣だし委員長でもあるから西村!お前案内してやれ
先生
西村!!
西村俊
はい!
先生
案内しろ
西村俊
あ、わかりまひた
先生
噛んでるぞ、どうした笑笑
西村俊
あ、すみません笑
先生
松谷の机は西村の隣だ
松谷梨沙
わかりました
そう言って隣に座った梨沙
松谷梨沙
よろしくね
微笑みながら俺に向けて言ってくれた言葉
西村俊
よ、よろしく
松谷梨沙
わからないことだらけだから、色々教えてね
西村俊
うん。
松谷梨沙
そういえば、名前…
西村俊
あ、西村俊。俊って呼んで
松谷梨沙
俊…くん…
西村俊
いいよそれで笑
西村俊
よろしくね松谷さん
松谷梨沙
うん!
もっと君と話したい



そう思ってた
けど、自分の鼓動が君に伝わってそうで心配だったんだ