無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

クラブ編4
💕🎁🎄 MerryX'mas 🎄🎁💕

皆さんは平成最後のクリスマス
どう過ごしましたか??
私は妹と部活の後輩ちゃんのお見舞いへ…
街中でくっついて歩いているカップルを見て
自分も好きな人と手を繋いで歩きたいなぁ💭
的なことを考えていました笑笑
恋人のいないクリスマスって寂しいですね…
こんな話は置いといて〜
本編にいきましょうか^^;










────────────────────────









後日。



















愛実「春野く〜ん!!」
春野「あ、先輩。こんちわっす!」ニコッ
愛実「この前相談乗ってくれてありがとう!!
おかげで仲直り出来たよ〜」ニコッ
春野「それは良かったす!!」
愛実「稲葉がこの前帰りに春野くんと歩いてる
の見て付き合ってるって勘違いしてたみたい」
春野「そうなんすか…/////」
愛実「ん?春野くんどうしたの?」
春野「なんでもないっす!!」
愛実「そっか、じゃあまたね!」ニコッ
春野「はい!」





春野((優斗は一緒に歩いてるのを見ただけでそんな
勘違いをするようなやつじゃないのに…
何があったんやろ?))




















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..



















春野家にて。














春野「あーさっぱりした〜!!
早く部屋戻ってゲームしよっと♪」
???「マジで腹立つ!!」
春野((ん?姉ちゃん怒ってる??覗いてみよ…))


壁|ω・`)チラッ

シノン「なんで作戦上手くいかんの!!」
春野((うわぁー姉ちゃんめっちゃ怒ってる…
電話してるみたいやけど相手誰かな?))
シノン「あの作戦めっちゃよかったのに…
なんで稲葉は諦めてくれへんの!!」
春野((!?))
シノン「愛実には好きな人おるって嘘ついたら
諦めてくれると思ったのに…チッ」
春野((犯人は姉ちゃんやったんや…))
シノン「もう稲葉に諦めさせるのはやめて
愛実に稲葉を避けさせるように
脅したろかな?」


バンッ!!

春野「姉ちゃん」
シノン「柊弥…!!おったんや…ど、どうしたん?」
春野「広瀬先輩に何かしたら俺が許さんから」


バタンッ

シノン「なんで上手くいかんねん…!
何もかも愛実のせいや」



















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..


















数日後。









シノン「愛実〜放課後、裏庭来てくれへん?」
愛実「あ、うん」









そして放課後…


















シノン「あ、愛実。待ってたでー」
愛実「どうしたん?」
シノン「話があってさー」
愛実「何?」
シノン「今日から稲葉と仲良くせんとって」
愛実「えっ?」
シノン「やらんかったどうなるか分かってるよな?」
愛実「わからんなー」
シノン「(╬⊙д⊙)」
愛実「なんで他人に決められなあかんの?」
シノン「愛実…😡💢」
愛実「他に用事ないんやったら帰るわ」
シノン((この野郎…レンガて殴ってやる))


ガッ!

愛実「うっ…!!」
シノン「はは…ふははは!!ざまぁ笑笑」









































稲葉「今日特に部活キツかったなー早く帰ろ♪」


トコトコ(・ω・`*))))))

稲葉「ん?………愛実!!!!」
愛実「い…な、ば……」
稲葉「頭から血出てるやん!!どうしたん!?」
愛実「たす、け……て…………」
稲葉「愛実?愛実!!起きろって!!愛実!!」


















































愛実の意識はそこで途切れた。