無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

クラブ編1
ある日のクラブ。



















愛実「おりゃ!」
美央「せいっ!」



私はいつもの様に友達の

鳳 美央(おおとり みお)ちゃんと

楽しくラリーをしていました。




カタンッ、コトンッ
美央「とりゃ〜!!」

パシーンッ!!

愛実「うわぁ!美央ちゃんスマッシュ凄っwww」
美央「いぇーい!!www」
愛実「美央ちゃんめ〜!絶対勝つ!!ww」





???((広瀬先輩、今日も可愛いなぁ…/////))




カタッ、コトッ、タッ、タッ、タッタッタッー
↑ピン球(ボール)が転がる音




愛実「あ!ピン球待て〜い!!」
美央「そんな事言ってる暇あったら
早くピン球取りに行きやwww」
愛実「(・ω<) テヘペロ」

……シタタタッ ヘ(*¨)ノ

???((どうしよう愛実先輩達のところの
ピン球やんなこれ…))
愛実「あれ〜?ピン球どこ行った??」
???「あの!愛実先輩ピン球どうぞ!!」
愛実「あっ、春野くん〜ありがとう!!」ニコッ



春野 柊弥(はるの しゅうや)くん。

卓球部一緒でよく話すお気に入りの後輩♪


春野「は、はい…!!//////////」
((笑顔が眩しい眩しいすぎる!!))















園本「何照れてんねん春野…クソッ……」















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..














カタンッ、コトンッ、タッ、タッ、タッタッタッー




???「お姉ちゃーん!ピン球とって〜!!」
愛実「あ、妃奈やんーはい、ピン球」
妃奈「ありがとう!!」



広瀬 妃奈(ひろせ ひな)。

同じ卓球部に所属している私の妹です!


妃奈「日野先輩に勝ったぞぉぉぉぉ!!!!」
日野「めっちゃ喜ぶやんwww」



日野 翔太(ひの しょうた)。

同じ卓球部に所属する同級生。


妃奈「だって嬉しいもん♪」
日野「…可愛い」ボソッ
妃奈「ん?日野先輩何か言いました??」
日野「いや、なんもない…/////」
妃奈「????」










愛実「ラブラブしやがって〜」ニヤニヤ





実は私はどちらの好きな人も知っています^^;

妃奈は日野が好きで、日野はひなが好き。

相思相愛なんですよねぇ〜💕

これだけわかりやすいのにお互い相手の気持ちに

気づいてないので両片思い状態…

まぁ姉目線で考えると大事な大事な妹を

日野にはやれんと言いたいところだが( ー̀ н ー́ )

↑追加設定:愛実はシスコンです
いらない情報:作者も実はシスコンな姉です笑笑





愛実「日野、ちょっと来たまえ」(🔥^∀^)
日野「????」
愛実「お前に妹はやらん!!!!」
日野「はぁぁぁ!!??///////////////」




















さて、これから卓球部の恋愛事情は

どうなって行くのかな?

全然!!妹は日野なんかに渡したくないけど

妃奈の幸せを考えると認めてあげないと

行けないのかな〜ムムム(´⌒`)

次回は大会のお話です!!


愛実「もうすぐ大会や!!頑張ろう(ง •̀_•́)ง」