無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ストーカー編3
翌日。















学校にて…














席順はこんな感じ!!

窓】愛実 稲葉 シノン










シノン「稲葉〜♡おはよぉ♪」ニコッ
稲葉「おう、おはよー」ニコッ
愛実((シノンちゃん今日は特にベタベタしてるな…))
シノン「突然やけど稲葉って好きな人おんの?」
稲葉「おるけど?」
シノン「え!?誰なん!!」((私だったりして♪))
愛実((マジで!?前は好きな人おらんって言ってた
けど、好きな人できたんや…誰やろ?))
稲葉「教えへん〜」
シノン「なんでーやー!じゃあこの紙に
書いて教えて!!」
稲葉「うーん…秘密やで?」
シノン「うん!」
稲葉「_〆(。。)」
シノン「!?」
愛実((誰なんやろ?めっちゃ気になる…))
シノン((愛実!?って事はこの2人両思いやん…))
( ・᷄ὢ・᷅ )
愛実((あれ?すっごいシノンちゃんこっち
睨んでない…?どゆこと?))
稲葉「この人やけど…//////////」
シノン「へ〜!そうなんや!でも愛実
好きな人おるし〜ぶりっ子やで?
やめといた方がいいって!!」
シノン((園本と昨日考えた稲葉に愛実の事
悪く言って嫌いにさせる作戦!!))
稲葉「そうなん?でも…」















稲葉の好きな人誰なんやろ?

気になるなぁ、私だったらいいのに…















壁|ω・`)チラッ

園本((愛しの愛実、悲しそうな顔してどうしたん…?
よし、俺が慰めてあげないと!
まっててね…愛実♡))










愛実((今めっちゃ背中がゾクってした…風邪かな?))




















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..



















放課後。

クラブも終わり私は用事があったので友達

とは帰らずに1人で帰っていた…















愛実「早く帰らないとな〜」
園本「(´・ェノ|柱|  愛実…♡」
愛実((あれ?なんか後ろ誰か着いてきてる?))
園本「愛実はほんまに可愛いなぁ…」囁く
愛実((もしかしてストーカー!?))┌(;・_・)┘トコトコ
園本「……シタタタッ ヘ(*¨)ノ」
愛実((怖い怖い怖い怖い!!どうしよう…泣))
園本((急いでるのかな?走ってる姿も可愛い♡))
愛実((とりあえずどっかお店入ろ…))


近くにあったコンビニに入る。

園本「寄り道はダメだよ愛実…まぁ店の前で
待とうかな〜」
愛実((どうしよう…泣、今は店の奥におるから
私の姿は見えてないはずやけど…))
園本「遅いなぁ〜」
愛実((怖いよぉ助けて、誰か…!!))






























???「広瀬!?どうしたん?」