無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ストーカー編4
???「広瀬!?どうしたん?」









愛実「岡崎!」
岡崎「涙目やん、なんかあったん?」
愛実「実は…」















私は岡崎に今までの出来事を話した。














岡崎「ストーカーってほんまにおるんやな…
アニメとかドラマの中だけやと思ってた^^;」
愛実「怖い…泣」
岡崎「大丈夫やって、いざとなれば交番近いし
そこまで走ればいいやん!」
愛実「でも…」
岡崎「まぁでも怖かったよな…」ヽ(・ω・`)ポンポン
愛実「岡崎〜😭」
岡崎「とりあえず外出よか」
愛実「うん…」グスン















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..














岡崎「手繋いどけば怖くないやろ?/////」
愛実「ありがとう…」





園本((なんで岡崎が愛実と手繋いでんねん!
愛実は俺の物やのに………………絶対許さん))
園本「愛実〜何してんの?」怒
愛実「た、拓也…」
岡崎「あれ?園本やん」
園本「……岡崎」怒
岡崎「なんでそんな怒ってんの??」
園本「とりあえず2人とも話あるからさー
公園で話そ」















拓也、なんだろ話って…?