無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

クラブ編7
愛実「拓也!!」
園本・稲葉「!!??」



















































拓也がそんな風に思ってたなんて

私知らなかった…


園本「愛実…」
愛実「引っ越すってほんまなん…?」
園本「うん、明日出発する…」
愛実「そんな…」
園本「お願いしてもいい?」
愛実「何…?」
園本「最後に1回だけでいいからたーくんって
前みたいに呼んでほしい」
愛実「私、拓也に辛い思いさせたのにそんな
事でいいの…?」
園本「愛実はなんも悪い事してないよ?」
愛実「したやん!拓也の気持ち知らんと
無理やり別れたやん…」
園本「あれは俺がずっと愛実をほったらかしに
してたんが悪かったんやん…あの時
こっちこそ寂しい思いさせてごめんな」
愛実((拓也はほんま、優しいんやから…))グスンッ
園本「泣くなよ愛実、俺は最後に愛実の笑顔が見たい」
愛実「拓也…」泣
園本「笑顔の時が1番可愛いで愛実」ニコッ
愛実「たーくんのバカッ!!」泣
園本「今までありがとう…」



拓也が行っちゃう…待ってよ

私まだ「今までありがとう」って言えてない。


愛実「待って!!」
園本「えっ…」
愛実「こんな私を好きになってくれて
ありがとう…!!
私も大好きでした…泣」
園本「泣」
愛実「今まで……ありがとう…!!泣」
園本「愛実…泣」


稲葉「よかったな愛実、園本…」クスッ





















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



















拓也は帰って行った…。





























































2人きりになった愛実と稲葉。





愛実「稲葉」