無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

告白編(終)





2人だけの病室はとても静かだ。
この重い空気を断ち切るように
稲葉は口を開いた。









稲葉「愛実?」
愛実「ん?」
稲葉「なんで風邪とか嘘ついたん?」
愛実「え?何のこと?笑」
稲葉「俺そんなに信用ないか?」
愛実「…」
稲葉「ガン…なんやろ?愛実のお母さんから聞いた」
愛実「……うん」
稲葉「めっちゃ心配した…」
愛実「ごめん…」
稲葉「しかも明日手術やって?」
愛実「…」
稲葉「こんな時になんやけど言いたい事あってさ」
愛実「…なに?」
稲葉「1年の時クラブで初めて愛実と話して」
愛実「…」
稲葉「楽しくて、笑顔が可愛いなって思った」
愛実「え!?/////」
稲葉「でもクラブ辞めてもうたから寂しくなった」
愛実「…うん」
稲葉「最初はなんで寂しいんやろ?とか思ってた笑」
愛実「うん」
稲葉「でも、やっとなんでか分かってん」
愛実「…?」
稲葉「俺は、愛実の事めっちゃ好きやから」
愛実「う、うそやろ!?//////////」
稲葉「うそちゃうし笑笑」
愛実「//////////」
稲葉「愛実は俺の事好き?」
愛実「大好き…(泣)」ニコッ
稲葉「愛実…俺と、付き合ってください」
愛実「うん…!!/////」
稲葉「だから手術頑張れよ!!」
愛実「頑張る!!」



























こうして稲葉と付き合う事ができた。
明日の手術…絶対に死んでたまるか!!
これから稲葉と色んなとこ遊びに行って…
楽しい思い出作るために!!
明日は頑張るんや!!