無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

クラブ編5
お久しぶりの投稿でございます!!
テストは結局体調不良で行けなくて
来週の火曜日に再テストする事に
なりました(๑´ڡ`๑)♡テヘペロ
現在半不登校ぎみですが頑張りまーす笑


────────────────────────






























































愛実「うっ…ここどこやろ?」


薄ピンクのカーテン、ベッド、見慣れた天井、
病院っぽい匂い…
ここは保健室かな??




シャーー



カーテンが開いた



稲葉「愛実目覚めたん!よかった…」
愛実「え、なんかあったけ?………うっ!」
稲葉「大丈夫!?」
愛実「(´;ω;`)」


あの時私、シノンちゃんに…


稲葉「震えてるやん…何があったん?」



ギュッ


愛実「怖かった…」
稲葉「話せる?」
愛実「うん、あの時ーー」



私は稲葉にあの時何があったか全部話した。



稲葉「そっか、怖かったよな…でも大丈夫やで
俺がついてるから」ニコッ
愛実「ありがとう…」(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ - ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)




稲葉は私を強く抱きしめてくれた。


















































稲葉((あいつは絶対許さん…愛実は俺が守る!!))