無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

クラブ編9
春野「あの!広瀬先輩!!」
愛実「!?」


いきなり大声で名前を呼ばれたので
わたしはびっくりしながら春野くんの方を向いた。


愛実「急にどうしたん?」^^;
春野「俺…」
愛実「ん?」
春野「入学前、クラブ見学に来た時から先輩の事…」
愛実「…?」
春野「ずっと好きでした!!/////」
愛実「え!?」
春野「先輩が優斗の事好きなのは知ってます…」
愛実「えぇ!?」
春野「だから気持ちだけ伝えたかったんです」
愛実「う、うん…ありがとう……」
春野「それじゃぁ!!また明日!!」
愛実「ちょ、ちょっと待っt…」


春野くんはそのまま走って行ってしまった…


愛実「なんか上手く状況が把握できてない…」


春野くんが私のことずっと好きだったなんて…
しかも稲葉のこと好きなのバレてるし!!


愛実「なんでバレちゃったんやろ?」






そんな事を考えながら私は家に帰った。