無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

買い物〜雅・裕太side〜
私は、実葵とまた合流した後、裕太さんと仲良くなり、友達そっちのけで話していた。
中務裕太
中務裕太
なぁなぁ、3人ってどこ出身なん?
雅
えーと、私が長野で、瑛が愛知、実葵が岐阜です。
中務裕太
中務裕太
3人とも見事にバラバラやな、なんで会えたん?
雅
転校してきたんです。私は小3の時、瑛は、愛知に住んでても、別の市にいたんで、小1の時に転校してきたんです。
実葵は年中の時に愛知に来たんです。本人いわくですけどwww。
中務裕太
中務裕太
へ〜。なんか凄いな、て事は、3人とも1度は引越ししとんのや。
雅
はい!
中務裕太
中務裕太
あっ、そや!バトルいつする?
雅
え?えーと、裕太さんが休みの日で、私は用事今のところないので。
あっ、出来れば土日でお願いします。
中務裕太
中務裕太
うーん、なら、今度の日曜は?
雅
空いてます!
中務裕太
中務裕太
んじゃ、その日で。
雅
あの!裕太さん!バトル終わったら、教えて貰えませんか?
中務裕太
中務裕太
ええよ!
雅
やった!ありがとうございます!
中務裕太
中務裕太
可愛ええな〜。(ボソッ)
雅
へ?
中務裕太
中務裕太
へ?どしたん?
雅
あっいや、私の気のせいでした。
中務裕太
中務裕太
そお?ならええわ。
中務裕太
中務裕太
おっ!忘れとった!連絡先交換しよ!
雅
あっ、はい!
そういう訳で交換した。
画面に『裕太』と移されるのを見て、嬉しかった。
雅
心の声(ん?嬉しい?なんで?)
そんな事を考えてたら、裕太さんは瑛達のとこに行って話していた。
雅
心の声(裕太さん、楽しそう。)
チクンッ
心の声(ん?なんでかな?苦しい。)
( ˘•ω•˘ ).。oஇ
片寄涼太
片寄涼太
雅ちゃん?
雅
うわぁ!Σ(๑º ロ º๑)
片寄涼太
片寄涼太
あっ、ごめん。ビックリさせたね。
雅
いえいえ、すみません、ボッーとしちゃって。
で、どうしたんですか?
片寄涼太
片寄涼太
いや、つらそうな顔してたから。
雅
……、片寄さんなら、分かりますかね?
片寄涼太
片寄涼太
何が?
雅
なんか、裕太さんが他の人と話してるの見てるとモヤモヤするんです。
なんでですかね。
片寄涼太
片寄涼太
……えーと、それ、恋してない?
雅
……恋?
片寄涼太
片寄涼太
話聞いてる限りだと、そう思うんだけど。
雅
よく分かんないです。
恋って何?って感じなんで。
片寄涼太
片寄涼太
うーん、じゃあ、裕太君見てるとドキドキする?
雅
……はい。
片寄涼太
片寄涼太
んで、他の人と話してるとモヤモヤするんでしょ?
雅
はい。
片寄涼太
片寄涼太
今日俺らに会ってから、誰のこと考えてる?
雅
……裕太さん。
片寄涼太
片寄涼太
うん、完璧恋してるね。
雅
へ!?これが……恋?
片寄涼太
片寄涼太
うん。それが恋。
雅
……片寄さん、ありがとうございます!
なんかスッキリしました!
片寄涼太
片寄涼太
そ、それは良かった。
中務裕太
中務裕太
ねぇ、涼太君、さっきからなに話してんねん。
片寄涼太
片寄涼太
ん?相談乗ってただけだよ。
……もしかして、裕太君ヤキモチ妬いてる?
中務裕太
中務裕太
は?
雅
え?
片寄涼太
片寄涼太
だって、チラッとこっち見たなーって思ったらすぐにこっち来るんだもんwww
妬いてるよね?www
中務裕太
中務裕太
は!?///
片寄涼太
片寄涼太
あっ、真っ赤www
中務裕太
中務裕太
うっうっさい!///
片寄涼太
片寄涼太
そんなに気にしちゃうくらい好きなら言っちゃったら?www
中務裕太
中務裕太
アホ!誰が一目惚れしました。なんて言うか!
片寄涼太
片寄涼太
言ったじゃん。
中務裕太
中務裕太
あっ。
雅
……えーと、裕太さん?
中務裕太
中務裕太
あ〜も〜!こうなったら当たって砕けるのみや!雅ちゃん、好きや、俺と付き合ってくれへん?
雅
ツッ!よろしくお願いします!
中務裕太
中務裕太
アハハ、そうやよな、分かっとったわ。……って、ええ!?
……ほんまに?
雅
はい!(*´ω`*)
中務裕太
中務裕太
ギュッ(っ´>ω<))ω<`)♥
よっしゃ!
雅
ちょっ!裕太さん!苦しい!
中務裕太
中務裕太
呼び捨てで、しかもタメ口でお願いできたら離したるわ笑
雅
ツッ!……裕太……お願い。
中務裕太
中務裕太
ツッ!反則やろ……。可愛すぎ///
離したるわ笑
裕太さん……裕太が離れたと思ったら、撫でられた。
中務裕太
中務裕太
( ๑•ω•)۶”💕
雅
///
もう、照れる事しか出来なかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

レミ
レミ
初心者ですが小説書いてるので見てみてください! お気に入りにしてくれるとありがたいです! ⚠️土日祝日に一気に書くことが多いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る