無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

買い物〜瑛・隼side〜
〜瑛side〜
実葵が玲於君と話している間、私は、隼さんと話していた。
瑛
あの、隼さん、良ければですけど、バトルした後、少しだけ教えて貰えませんか?
小森隼
小森隼
少しと言わずいくらでも!
瑛
ありがとうございます!
〜隼side〜
俺は、瑛ちゃんに会った時、一目惚れをした。
彩さんは、たぶん、気づいてるんだと思う。
だから、みんなで行動させてくれてるんだと思った。
瑛
あの、隼さん、
呼ばれて振り向くと、瑛ちゃんが不安げな顔をしていた。
瑛
良ければですけど、バトルした後、少しだけ教えて貰えませんか?
そう言う姿が可愛いくて、しょうがなかった。
小森隼
小森隼
少しと言わず、いくらでも!
そう言った途端、満面の笑みで、
瑛
ありがとうございます!
って言うから、思わず蹲りたくなった。
小森隼
小森隼
可愛すぎでしょ///
瑛
え?
小森隼
小森隼
え?
小森隼
小森隼
俺、今なんて言った?
瑛
可愛いすぎでしょって……。
小森隼
小森隼
え!?
嘘だろ!声にでてた!?
あぁー!どうしよう!
もうこの際言うか!
小森隼
小森隼
あのさ!瑛ちゃん!
瑛
はい!
小森隼
小森隼
俺、信じて貰えないかもだけど、瑛ちゃんに一目惚れしました!良かったら、僕と付き合ってもらえませんか?
〜瑛side〜
私は正直ビックリした。
だって、大好きな隼さんからの告白だったからだ。
でも、隼さんは実葵が好きなんだと思っていた。
瑛
うそ……でしょ?……
小森隼
小森隼
嘘じゃないよ!
瑛
え?実葵は?
小森隼
小森隼
へ?……もしかして、あの時赤くなったやつ勘違いしてない?
あの時は、瑛ちゃんに見とれちゃってついつい赤くなったタイミングだったんだ。(´⊃•ω•⊂`)モジモジ
瑛
え?じゃあ、私の勘違いって事?
小森隼
小森隼
うん。
瑛
……、隼さん、こんな私でよければよろしくお願いします!(´ノω;`)
小森隼
小森隼
うそ……。え!?ほんとに!?
瑛
コクンッ。(* ′ ᵕ ‵ *)
小森隼
小森隼
やったー!!(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー♡
瑛
うわぁ!
小森隼
小森隼
これからよろしくね!瑛!
呼び捨て!///( ⸝⸝•௰•⸝⸝ )
瑛
///よろしくお願いします。///
小森隼
小森隼
敬語無しね!あと、呼び捨てにして!
瑛
うっうん。
小森隼
小森隼
ね!名前呼んでみて!
瑛
えっ!……は……やと?
小森隼
小森隼
うん。(^ω^)ニコニコ
よくできました。( ^ω^)ノ"(・ω・ )
こうして、私と隼は付き合う事になった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

レミ
レミ
初心者ですが小説書いてるので見てみてください! お気に入りにしてくれるとありがたいです! ⚠️土日祝日に一気に書くことが多いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る