無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

オーディション!?
〜実葵side〜
買い物を終え、みんなと解散した後、お父さんに呼ばれた。
実葵
実葵
お父さん?実葵です。
HIRO
HIRO
ああ、来たか。
実葵
実葵
どうしたの?
HIRO
HIRO
ああ、今度な、新しいグループのオーディションをやろうと思うんだが、実葵やらないか?
ボーカル部門で。
実葵
実葵
え!?Σ(๑º ロ º๑)
私が?ボーカル審査?
HIRO
HIRO
ああ、受けてみないか?
実葵
実葵
受けたい!やらせて!
HIRO
HIRO
おう、頑張れよ。
言っとくが、俺は家族だろうと容赦しないからな。
実葵
実葵
もちろん!むしろそうして、コネで入ったなんて思われたくないし。
HIRO
HIRO
んじゃ、この紙に必要事項書いて、来週までに渡して。
実葵
実葵
了解!ありがとう!
こうして、私はオーディションを受けることにした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

レミ
レミ
初心者ですが小説書いてるので見てみてください! お気に入りにしてくれるとありがたいです! ⚠️土日祝日に一気に書くことが多いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る