無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

他校と日向ちゃん
※これは夢小説なので色々と改造しています。

・稲荷崎と日向は知り合い

・結構な他校と知り合いです…

・まぁ勿論日向総受けなんだけどね





更新遅れてすみません!😫実は学校再開になってしまって…1週間ぐらい携帯を放置しておりました………でも休みの日にはバンバン投稿するんでお願いします!!












それではどうぞ!!!

↓↓↓

―――――――――――――――――――――――――――――――――






〜青城〜




及「は〜い!皆集まって〜」


岩「なんだよ急に、予定もはいって無かっただ
ろ」


及「まぁまぁ、座って座って〜
1年もー」



花「おもんなかったら奢りな」


及「…チビちゃんの事なんだけd」


国「何してるんですか及川さん。早く話してく
ださい」


及「え、国見ちゃん!?さっきまで隅に居たよ
ね!!?」


松「そうだぞ及川。ほら早く話せよ」


及「まっつん!!?」


岩「おい、クソ川」


及「い、岩ちゃん…」


岩「さっさと話せ、皆待ってんだよ」


及「え、何!?皆チビちゃんの事大好きなの!!?
何なの!?怖いよもう!!!まぁ俺も大好きな
んだけど!!!!!」






―――――――――――――――――――――――――――――――――



及「チビちゃんがね…お、女の子になってたん
だ……」


青城「「…ゑ?」」



その後、体育館からは鼓膜を壊す程の声で叫んだ。幸い死人は出なかったが何人かは倒れていた
(10秒後に復活)





国「ちょっと烏野に行ってきます」


及「いや待って!?国見ちゃん!?今日どうした
の!!?」


金「国見待て!」


及「あ!!ひ、1人まともな奴が…」


金「俺も行く」



及「」




かれこれ30分…



「そ、それで合宿をする事になったn」


岩「そんじゃあ練習すっか。日向にかっこ悪ぃ
とこ見せられねぇからな」


花「俺も〜」

松「俺もー」

国「俺もお願いします」

金「俺もすみません」

京「……俺も」

.
.
.


及「(結局全員で練習する事になっちゃったよ…
俺もやってるけど…チビちゃんパワー強い
なぁ)



























次回:稲荷崎だよ!お楽しみに☆