無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

日向ちゃんとマネージャー業
〜放課後〜

『よ、よろしくお願いしまふっ!!』




日・皆((噛んだ…))


潔「フフ…そんなに固まらなくていいのよ。」







皆((き、潔子さん・清水が笑った…!?))


田「あぁ…今日も烏野は平和だ…」


西「邪気が浄化されるぜ……」


澤「……お前らな」


『や、谷地さんもお願いしますッ!!』


谷「よよよよろしくね!!私なんかが日向にマネ
業を教えるなんて…いっそミジンコに頼んだ
って良いんだよ!!?」


『ミジンコは嫌だよ!!?』


谷「ハッ!ならプランクトンでも…」


『谷地さん!!!?』

























菅「日向〜ドリンク持ってきてくれ〜」


『い、今行きます!!!』


縁「日向、タオル持ってきてー」


『は、ハイっ!』




潔・谷「日向ドリンク作り行くよ〜」



『ひゃ、ひゃい!!!』





皆((可愛いなぁ…))





〜水道場〜


潔「日向、粉このぐらいの量ね」


『は、はい!』


谷「それで、振る回数は40回ぐらいかな…」


『わ、分かった!』


シャカシャカ×40



潔「出来たね。じゃあ味確認するから飲んでも
いい?谷地さんもどうかな」


谷「お、おねシャス!!!」


『お願いします!!!』



潔「じゃあ飲むね…」







〜間〜








潔「………」


谷「ふぐぉ…………………」


『……スミマセン』


谷「い、良いんだよ…気にしないで」



潔「そうよ…成功するまで何回もやりましょ」



『〜うぅぅ…ありがとうございますぅうう……』

















…かれこれ15分…


潔「じゃ、じゃあ飲むね…」


谷「わた、私もウッ…プ」


『お、お願いします………』






ゴクッ






潔「…」


谷「…」


『ど、どうしましたか!?ハッ!もしかして黙り
込んでしまう程不味かったですか!!?』


潔「違うの……」


『へ?』


谷「ひひ日向!!!何コレ!?凄く美味しい!!!」


『え、うぇ?美味しい??』


潔「えぇ、上手く出来てて美味しかったわ」


『ほ、本当ですか……?』






潔・谷「「本当・本当だよ!!」」






















『ッ〜!やったぁああああ!!!!!』




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



西「うおっ!このドリンク上手くね!!?」


田「それなだぜノヤっさん!!!しかも丁度いい
位の味だ!」



『ふっふふ…よくぞ言ってくれましたね!ノヤ
っさん・田中さん!!』



田・西「「も、もしかして…!!?」」



「そうです!俺が作りました!!!」




皆「「………!!!!!???」」



『頑張ったんですy「日向…ドリンク作ってく
れ…」



『え?だってスガさんさっき飲んでt』



影「日向ボゲェエエエ!!!なんで言わねぇんだ
よ!!!」


縁「へ〜相当頑張ったんだね。凄いなぁ」


『あ、ありがとうございます!!!』



月「え、コレチビの作ったドリンク…?」



『んだよ、何か文句でもあんのかよ』




月「まぁ……初めてにしては良いんじゃナイ」



山「ツッキーも素直に美味しいって言えばいい
のに…あ、日向!ドリンク美味しかった
よ!」


『ホントか!!!』




澤「日向…ドリンク追加だ」




『え、でもさっき渡したばっかr「主将命令
だ。頼むぞ」



『??はい…じゃあ作って来ますね!!!』














澤「清水・谷地よくやった」




潔「日向の為だもの、何だってしてやるわ…」



谷「ひ、日向の事だったら私も頑張らせてもら
いましゅッ!!」(噛んだ)




澤「これからも頼むぞ…」




























烏野の天使を守る為にも……