無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

烏野へ突入
『はよ〜』

影「っ…//はよ」


影(ヤベぇヤベぇヤベぇッッ!!!!想像の500倍
可愛い。いや、日向は元から可愛かったな
クソ…誰にも日向の姿見せたくねぇ……)


『か、影山…?どうしたんだよ。頭ん中空っぽのクセに何に悩んでんだよ』


影(悔しいけどやっぱり中身は変わらねぇか)


影「何でもねぇよ」



『なら良かった、とさ…やっぱりこの姿……
変?』



影「へ、変なわけねぇだろ!!むしろ可愛i…」


『ふへぇ!??///
か、かかかわいいの…?』


影(やっちまった………………)


影山飛雄 開始早々やらかしてしまいました


影(でも、バレちまった…………なら)


影「あぁ、可愛いぜ」









〜開き直りやがった飛雄でした〜




『なぁ〜んだ良かったぁ!もし変な顔だったら
嫌われちゃうかもしれないって思ってたから
心配して損したぜ』














影(そこは照れるとこじゃねぇの)






ーー影山想いが届かす無念ーー


影「超鈍感野郎が…」 (ボソッ)


















ーーーーーーー烏野到着☆ーーーーーーーー









『ヤバいヤバいヤバいヤバい緊張してきた…』


影「は?俺が着いているから心配も緊張もする
事ねぇよ」


『……何かお前カッコよくなったか?』


影「ッ…!///う、うるせぇよ日向ボゲェ!!さっ
さと入るぞ!!!」


『お、おぉう…変な影やまぁぁああ!!!!』




日向ちゃんは見事に滑って転んでしまいました



『ッ…!!!』


そして、グットタイミングとも言える程の時に
菅原さんが居たのです





















計算されていたかのように…




菅「………日向どかねぇと襲っちゃうぞ」


『へ?お、襲うってどういうk…じゃなくて
ご、ごごごめんなさい!ゴメンなさいッッ!!!』


菅「いや別にいいんだけどこの状況…マズイべ……」

『こ、この状況…あっ!!』


そう、日向が菅原を被さるようにコケてしまい
菅原の顔が日向の胸に………挟まってる…のだ






┈┈┈菅原if脳内┈┈┈┈





(ヤバいヤバいヤバいヤバい!!ひ、日向の胸に
埋まってるべ俺!あぁ、夢にまで見た光景…
もう俺召されてもイイべ………それと
耐えろ耐えるんだ俺の息子よ…いい子だから)






菅「ひ、日向ちょっとどi((『んっ…ややぁ
菅、はっはらしゃぁさん…しゃべ、ンらない
で…』

菅「どうして…?///」


『ァ…ンく、くすぐったい……のぉ』



菅(あ、もう理性が効かねぇべコレ)


菅「こんな事になったのは日向のせいなんだか
らな。責任とれy(((グホォッッ!!!!」


大地「何が"責任取れよ"だよ。後は分かってる
よなスガ…?」


菅「すいません、調子乗りました
ゴメンなさい。」


大「で、日向にはその体になった理由を
答えて貰おうか……」


『ひ、ひぃぃぃいいいいいいい!!!!!』
















〜うんぬんかんぬんありまして〜









菅「そうだったんだ…」

大「でも、部活に支障が出なければ大丈夫か」

田「てか、めっちゃ可愛いすっよね!!」

西「お!龍もか!?俺めっちゃタイプだ!!!」

潔「日向今度服選びに行きましょう」

旭「不審者に狙われないかな…」

菅.大「それはお前だ」

谷「嵐でも来るのでしょうか……」

武「確かに…」

影「もう、ずっと女でいいんじゃねぇか」

日向抜き「「賛成」」

月(何だこれ…)

山「まつ毛長っ」

縁「でも、日向無防備だから襲われるかも…」














日向抜き「「「あ」」」