無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

111
2021/09/10

第10話

放課後part1
 
ーグラウンドー
平野紫耀
ごめん!
遅くなった!
あなた

全然大丈夫です!

平野紫耀
準備体操した?
あなた

軽めの準備体操はしました!

平野紫耀
お!いいじゃん
平野紫耀
じゃあ、ドリブルで一周してきて
あなた

はーい

あなた

終わりました!

平野紫耀
お疲れ様!
平野紫耀
5分くらい休憩しよっか
あなた

はい!

平野紫耀
せっかく二人だし、なんかしようよ
あなた

え、?

平野紫耀
じゃあ質問するね
あなた

はい

平野紫耀
彼氏いる?
あなた

いないです

平野紫耀
え!いないの?
あなた

いないですよ

平野紫耀
へー
あなた

なんでですか?

平野紫耀
いや、俺のクラスの男子があなたちゃんのことかわいいって言ってたから
あなた

え!まじ?

あなた

紹介してください!

平野紫耀
えーやだよ
あなた

いいじゃないですか

平野紫耀
俺よりいい男じゃないもん
あなた

え?

平野紫耀
あなたちゃんみたいに可愛くて、性格いい子は俺みたいに男らしくてイケメンがいいと思う
あなた

先生基準なんですね笑

平野紫耀
当たり前だろ
あなた

先生はいるんですか?

平野紫耀
いないよー
あなた

モテそうなのに

平野紫耀
モテるよ
平野紫耀
でも俺、追いたい派なんだよね
あなた

追いたい派ですか、

平野紫耀
追われてる側だとさ、気持ちに答えなきゃって思っちゃって無理して好きになろうとしちゃうんだよね
あなた

なんとなくわかります

平野紫耀
あ、そろそろ休憩終わり!
あなた

よし!やりましょう!