無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

36
部屋に戻ろうとした時
酒井昌
酒井昌
待って
あなた
あなた
酒井昌
酒井昌
話聞いてくれない?
あなた
あなた
うん!いいよ、
酒井昌
酒井昌
あのな…俺、お前のこと好きだわ。いなくなって突然気づいた。あなたのこと意識し始めて…好きだ。大好きだ!俺と付き合ってくれませんか?
あなた
あなた
?!?!!!
考えさせて?それまでは絶対にみんなに秘密だから自然体でいようね
(私は誰が好きなんだろ)
酒井昌
酒井昌
あぁー!もちろん!
ゆっくりでいいから
あなた
あなた
うん!
お待たせ!
钄
もうー遅いぞ!
酒井昌
酒井昌
ごめんて