無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

私の過去
中学校に入ってからの私の生活は変わった。
大好きな親友たちが変わり始めたから
映人
紗綾~?お前さーもう俺たちと一緒にいないでくんない?
紗綾
紗綾
どうして?私たち、どんなときも一緒だったじゃん‼何で?
ひろや
もうさお前飽きたんだよ、
つまんねぇ
紗綾
紗綾
私たち、つまんないで変わる関係?じゃあ今まで一緒にいる意味なかったじゃん
ひろや
うぜぇ。お前は生きる意味なくなったのー
そう言ってひろやと映人とは私を嫌った。




いつも邪魔物扱い。
ひろや
まだ生きてたんだ。何で?
紗綾
紗綾
だってひろやや映人に死ねって言われて簡単には死ねない。
正直、私は涙もろくて、心が弱い、
今までは二人が私を守ってくれた。内気で人見知り激しい私は
友達を作りにくかったし、この二人しか一緒にいてもらえなかった。
紗綾
紗綾
ねぇ?何でそんなに変わったの?  


二人に何があったの?
ひろや
関係ねぇ。
映人
うぜぇ。死ねよ
そう言ってひろやと映人とは私を殴って蹴って
殴って蹴って、体的に傷つけてきた
もう嫌だ。しんどい、何であんなに変わったの?











私の大好きな二人は?戻ってよ