無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

66
2021/09/21

第3話

第1話
昔の夢を見た…

そのころ、私にはとても仲の良い幼なじみが居て毎日一緒に遊んでいたんだ。
「さーくん」って名前だったな…

懐かしい……
昔の(なまえ)
昔のあなた
さーくん!今日は何する?
さーくん
さーくん
あなたは何したい?
昔の(なまえ)
昔のあなた
私は…だるまさんがころんだ!
さーくん
さーくん
いいよ^^* どっちが鬼がいい?
昔の(なまえ)
昔のあなた
ん〜じゃあさーくんが鬼さんで!
さーくん
さーくん
だーるまさんがこーろんだ!!!
昔の(なまえ)
昔のあなた
おわっ!?
ズテッ
さーくん
さーくん
大丈夫!?
さーくんは転んだりする私をすぐに助けに来てくれて。私にとって素敵な王子様…だった。
昔の(なまえ)
昔のあなた
(ずっとこんな毎日がいいな!)
そう思ってたら……
(なまえ)のお母さん
あなたのお母さん
……あらまぁ…お引越し……
ある日突然 さーくんが引っ越すコトになった。
さーくんのお母さん
さーくんのお母さん
えぇ…でも、また会えると思うんだけど……
お母さんたちの話を聞いて私は立ち止まった
昔の(なまえ)
昔のあなた
……え?
(なまえ)のお母さん
あなたのお母さん
あ…あなた。さーくんがお引越しすることになったの。「またね」って言いましょう?
昔の(なまえ)
昔のあなた
やだ!さーくんとお別れなんで絶対やだ!
さーくんのお母さん
さーくんのお母さん
あなたちゃん。大丈夫よ。さーくんとあなたちゃんはまた絶対会えるわ きっと。
昔の(なまえ)
昔のあなた
っ……(´;ω;`)
気づいたら私は部屋に閉じこもっていた。
昔の(なまえ)
昔のあなた
やだ…さーくん……(´;ω;`)
でも…「またね」って言わなきゃさーくんと会えなくなっちゃう…言わなきゃ……
昔の(なまえ)
昔のあなた
…さーくん……
玄関先
さーくん
さーくん
あなた!
昔の(なまえ)
昔のあなた
さーくん……
さーくん
さーくん
あなた。また絶対一緒に遊ぼうな!
昔の(なまえ)
昔のあなた
……うん!また。絶対遊ぼうね!
昔の(なまえ)
昔のあなた
……またね!
さーくん
さーくん
!!…またな!
そのままさーくんは車に乗って行っちゃったんだ…
寂しかったけど…絶対会えるって信じてたから……
昔の(なまえ)
昔のあなた
(大丈夫。いつか絶対会えるんだから…!)