第4話

〜産屋敷〜
1,077
2020/10/24 09:23
サクラ
サクラ
あなた様〜
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
どうしたのじゃ?サクラ
サクラ
サクラ
産屋敷さんからお手紙をいただいたよ〜
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
…そうか。
シズク
シズク
今日も断るのですか?
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
いや、入ろうではないか。あの鬼殺隊という組織に
シズク
シズク
了承するのですね。
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
嗚呼。そういうことになるのじゃな。
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
だが、きちんと条件はつけさせてもらう。
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
ライ、この手紙を産屋敷の所へ持っていってくれぬか
ライ
ライ
あなた様のためならどこへでも
妖鬼神(なまえ)
妖鬼神あなた
( ´罒`*)そうか。ありがたい。
とある場所では
そうか。やっと了承してくれたか。
鬼殺隊はいい戦力を持った
条件か。フムフムほう。鬼を連れた少年がもしかしたら鬼殺隊に入るかもしれないか…それを快く了承してくれれば、鬼殺隊の入隊を了承する。
いいだろう。その条件野のんだ。































こうして妖怪であり、鬼でもある少女の鬼殺隊の入隊が決まった。




























そこが人生を大きく変える歯車とは知らずに……

プリ小説オーディオドラマ