無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
ここでございます。
ルパン三世
ルパン三世
すげえな、煙草にワイン、キャビアにフォアグラ、他にも色んな食い物がある
次元大介
次元大介
毒は入っていないだろうな。
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
当たり前です。私は貴女方に御用があるのです。簡単に死んでいただいては困りますので。
石川五エ門
石川五エ門
何故そのような言葉遣いを?
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
昔からです。昔も昔、本当に昔から。
ルパン三世
ルパン三世
どういう事だ?
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
今は関係の無いことにございます。それではここでお食事をしていただいても構いません。他の部屋が気になるのならば出歩いても構いませんが、一つだけ、一番奥の部屋には入らないでくださいませ。
次元大介
次元大介
入らなければ良いんだろ。
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
はい、その通りでございます。
石川五エ門
石川五エ門
なら安心すると良い。ルパンは分からぬが、次元は信用出来る。
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
かしこまりました。それでは少しの間、お待ちください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたside
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
神様、もし私が過去の記憶を持っていると言ったらどうする?
神様
神様
過去?
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
そう、私がここに来る前に事故で死んだでしょう?その前の記憶があるの。
神様
神様
凄いとは思うけど、僕らの仕事が増えちゃうよ。
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
そうだね。あと、私は昔から自分で自分を演じるよ。その事を神様が執事として出て行って伝えてくれない?
神様
神様
いいよ。僕は醜死の味方だから。
貴方 (仮面かぶってます)
貴方 (仮面かぶってます)
じゃあ、行こうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
神様side
神様
神様
醜死はやっぱり助けて良かった。
あんなにつらそうなのに放って置くことは出来ない。
神様
神様
やあ、楽しんでくれているようで嬉しいよ。
ルパン三世
ルパン三世
誰だ?
神様
神様
僕は醜死の執事だよ。
彼女を助けて欲しい。
石川五エ門
石川五エ門
助ける?
神様
神様
彼女は辛くても泣きそうでも笑顔の自分を演じ続けるんだ。その彼女を辛い時は辛いと言っていい事等、色んなことを教えてあげて欲しいんだ。
次元大介
次元大介
良いんじゃねえか?
ルパン三世
ルパン三世
そうだな。俺はいいぞ。
石川五エ門
石川五エ門
拙者も異論は無い。
次元大介
次元大介
俺は元から賛成だからな。
神様
神様
なら、助けてくれるのか?
ルパン三世
ルパン三世
勿論だ。
神様
神様
ありがとう、どうか彼女を救ってくれ。
次元大介
次元大介
必ず助けてやるよ。
神様
神様
ありがとう。
神様はそう一言言って消えた。
石川五エ門
石川五エ門
な?消えた?
ルパン三世
ルパン三世
さっきの奴といい、怪盗スカイのふたりはどんなにことをして消えてんのか聞き出さないとな。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主
今回はここまでです!
いかがだったでしょうか?