無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

人の話はよく聞こう。
私は銀時のあとをつけると

刀鍛冶屋に入って行くのが見えた
ガァン!ガァン!
鉄を打つ音が鼓膜までくる
坂田銀時
あの〜すいませ〜ん

万事屋ですけどォ
あなた

銀時何してんだ?

坂田銀時
おーあなたじゃねェか
あなた

神楽と新八くん置き去りにして
それでも社長のすることか

坂田銀時
悪かったって
つか、呼ぶの手伝ってくんない?
あなた

呼ぶって何?

私が謎に思っている時

銀時が顎をクイっと動かし 

その先に目をやると

鉄を叩く2人の姿があった
ガァン!!ガァン!!ガァン!
私達は耳を指で塞ぎ

銀時は鉄の叩く結構うるさい音のなか

彼らを必死で呼ぶ
坂田銀時
すいませーん!!万事屋ですけどォ!!
??
あー!
あんだってェ!?
坂田銀時
万事屋ですけどォ!!
お電話いただいて
まいりましたァ!
ガン!ガン!
??
新聞ならいらねーって
いってんだろーが!!
ガン!ガン!
坂田銀時
バーカバーカウンコ!!
どーせ聞こえねーだろ
すると男が叩いていたトンカチを

投げ

銀時の顔面にホールインした

ドゴ!
あなた

え、








________________________________________________________________________________________________________
??
いや
大変すまぬことをした!!
私達は居間に座り

話を聞く
??
こちらも汗だくで
仕事をしているゆえ
手が滑ってしまった申し訳ない!!
坂田銀時
いえいえ
ぜってー聞こえてたよコイツら
鉄矢
申し遅れた
私達は兄妹で
刀鍛冶を営んでおります!!
私は兄の鉄矢!!
そしてこっちは...
??
.......(プイッ
よそを向いた女の子はただ無言でいた
すると
鉄矢
オイ
挨拶くらいせぬか鉄子!
名乗らねば坂田さん
お前をなんと呼んでいいか
わからぬだろう鉄子!!
坂田銀時
お兄さん
もう
デカい声で言ってるから
鉄矢
すいません坂田さん!!
コイツ シャイな
あんちきしょうなもんで!
坂田銀時
それにしても
廃刀令の御時世に
刀鍛冶は大変そうですね
鉄矢
でね!!
今回貴殿らに頼みたい仕事というのは...
坂田銀時
オイ
無視かオイ
聞こえてなかったのかな...
坂田銀時
オイ、おりゃ
無理だあなた言ってくれ
あなた

はぁ!?全部投げやりかよ

鉄矢
実は先代..
つまり私の父が作り上げた傑作
「紅桜」が何者かに
盗まれましてな!!
え、普通の声のボリュームじゃ

聞こえないんでしょ?
あなた

ほう! 
「紅桜」とは一体なんですか!?

鉄矢
これを貴殿に探し出してきてもらいたい!!
あなた

お兄さん!!
どうしたー!
聞こえないのかー!無視なのかー!

鉄矢
紅桜とは江戸一番の
刀匠とうたわれた
親父の仁鉄が打った
刀の中でも最高傑作ていわれる
業物でね!
鉄矢
その鋭き刃は岩をも切り裂き
月明かりに照らすと
淡い紅色を帯びる その刀身は夜桜の如く 
まさに二つとない名刀!!
あなた

そうですか!
スゴイっすね!
で 犯人に心当たりは
ないんですか!?

鉄矢
しかし 紅桜は
決して人が触れていい代物ではない!!
あなた

お兄さん!!?
人の話を聞こう!!
どこ見てるの!?
私らの事見てる!?

鉄矢
なぜなら 紅桜を打った父が
1ヶ月後にポックリと死んだのを
皮切りに
それ以降も紅桜に関わる
人間は必ず
凶事に見舞われた!!

あれは...
あれは人の魂を吸う妖刀なんだ!!
坂田銀時
オイオイ ちょっと
勘弁してくださいよ
じゃあ 俺にもなんか不吉なことが
起こるかもしれないじゃないですか!!!
鉄矢
坂田さん 紅桜が
災いを呼び起こす前に
何卒よろしくお願いします!!
坂田銀時
聞けやァァァァ!!!
コイツ ホントッ
会ってから一回も
俺らの話聞いてねーよ!!
すると横にいた鉄子さんがボソリと話した
鉄子
...兄者と話す時は
もっと耳元によって腹から
声を出さんと....
すると銀時が鉄矢さんの隣に近づき耳元で
坂田銀時
お兄さァァァァァァん!!
あの..!!
すると鉄矢さんは
鉄矢
うるさーい!!
と銀時に平手打ちをした
坂田銀時
ぶべらァ!!
どうもです。作者です。多分紅桜篇長くなります。