無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ある男
カァカァ
カラスがなく夕暮れ時
ある男は突然話しかけてきた
警戒しつつも兄と私は死体から剥ぎ取った刃を男に向けた
だが、その男はこちらに殺意も向けずただ話しかけてきた
その男は「他人に怯え自分を守るためだけにふるう剣なんてもう捨てちゃいなさい」と言い銀時に自分の刀を投げて「これからはその剣をふるいなさい」そう言った
その男の声は聞いてるだけで落ち着く声をしていた
男は振り返って歩き出すと私と銀時は顔を見合わせて頷いた
此奴はいい奴だって
私達は男の後ろを追いかけた
その男の名前は








                     '' 吉 田 松 陽 ''